So-net無料ブログ作成
検索選択

わたしの義姉のこと [子育て]

わたしには3人の兄がいます。
その長男のY兄の家に、姪っ子からの招待で行ってきました。

姪っ子は兄のために父の日のサプライズパーティを企画。
内緒でみんなが集まりました。

家も出ていて、仕事が平日休みの姪のAちゃん、
最近一人暮らしを始めた弟(甥)のG。

家族揃うことは滅多にありません。

兄嫁である、わたしの義姉、通称 Sumiちゃんは、我が家の天使のような存在で、
家族だけではなくて、うちの親族誰もが敬愛する女性です。

夫婦喧嘩を一度もしたことがない、というのですが、絶対Sumiちゃんが
上手に兄を立てているからだ、と思ってます。

この日、Sumiちゃんは午後3時に仕事から帰宅するので、
私たちは4時集合。

でも、4時に着いたときには、台所はピカピカで食事の用意も見えません。

兄の帰宅する5時過ぎまで私とおしゃべりしていて、私は ??? 
夕食の支度は???と不思議に思っていると、兄の帰宅!

すると、さささのさ~~~っと料理が出てきて・・・

110623_1723~0001.jpg

あっという間にテーブルがご馳走でいっぱいに。

車で来ていた私のためにはノンアルコールの飲み物まで用意してくれて。
どれも、これもが美味しくて!!

Sumiちゃんのうちに来るといつも不思議でなりません。

Sumiちゃんがバタバタしているわけでもなく、みんなとワイワイご飯をいただくのに、
いつの間にかキッチンはすっきり片付いていて、ササッと食後のデザートやコーヒーが
出ていたり。

そして料理の数が半端ない!とにかくお祭りのようなご馳走。
でも、台所はお料理した形跡がないくらいに片付いてるんですよ。




ところで、実は甥っ子と兄、もう何年も断絶状態が続いていたのです。
最近家を出るのをきっかけに、話しをするようになったとは聞いていましたが。


天使のSumiちゃんも、Gのことではよく泣いていました。昨年まではもう話題にも出なくなるほど。

Gが家に居る時は、決して家族と交わることも無く、まるで居ないよう。
琴線に触れないように私もしていました。

この日、Aちゃん、Gからも次々と父の日のプレゼントを渡す姿に、私の母は涙ぐんでいました。
私と母からも父の日のプレゼント(笑)

Gは、ご馳走を食べながら、「どれも美味しい」の呟きを私は聞きのがさなった!

Aちゃんは、「お母さんとお父さんのうちに産まれて私めっちゃ幸せ者」と。

帰り道、私が甥っ子と姪っ子を車で送る中で二人とも声を揃えて
料理の美味しかったこと、実家のありがたさをかみ締めながら話していました。

お互いに仕事をがんばってね、と言いながら「実家に帰るときは連絡頂戴。俺も帰るから」
そんな言葉に、私もジ~~~ン。

強がりの兄でもよっぽどうれしかったのか、カメラを持ってきて全員で記念撮影。

110623_1724~0001.jpgAちゃんのワンコの参加。


子供たちが、遠回りして、どこに行ってしまうか分からなくなるような時でも、
母の愛は子供にちゃんと届いていたんだ。

子供を受け入れ続けていくって、本当に難しい時があることも見ていて分かる。

でも、兄と姉が日々誠実に生活し、仕事をし、家事をして家族を支える。
そんな日常の繰り返しの中に、子供たちは人生の大切な部分をちゃんと見ているんだなぁと
本当に思いました。

私はSumiちゃんのように早起きもできない、旦那さんにも仕えられない、っていうより、
旦那さんに頼りすぎ。家事も苦手。

凹みそうになりますが、いろんな母親がいても良いですよね。

Haluに残せる財産は私の生き方。

反省することばっかりです(泣) が、自分を赦しつつ前進して参ります!




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

幸せな食卓 [子育て]

先日、最近お友達になったMちゃんのお宅へお邪魔してきました。

Mちゃんは、きっと誰もが好きになってしまう素敵な女性ですが、
その人柄もさながら、無類の「おうち好き」で、片付けや料理(献立作り?)
は、もはや趣味。

すご~く期待に胸膨らませて遊びに行くと、本当にセンスが良くて
どこもかしこもきちんと片付いてる。

でも、「何もない」シンプルさではなくて、私好みのCDや食器雑誌
心地よく並べられていて、おしゃれなカフェ雑貨屋さんみたい。

110621_1701~0001.jpgモビールが可愛い


110621_1657~0001.jpg
CDは何百枚?という数で、どれもかっこいい!
雨みたいなモービルは手作り品!


何とおこがましくも、我が家のコーディネートを依頼していたのですが、
間取りにあわせて、斬新なアイデアを7パターンも考えてくれました!



私は段取り下手で、怠け者。
ハードルはかなり高いけれど、すごく刺激になって帰宅しました。

今後、Mちゃんの片付け・整理上手の手を借りて我が家の配置換えや
片付けをする予定で、すごくワクワクしています。

家事が上手になることや、うちが綺麗になることを目標にしてしまいがちだけど、
いつも思うことは、こういう人が奥さんやお母さんだったら家族は本当に幸せだろうなぁ、と。

そう、自分が好きなことで、家族も居心地が良くなるなんて一石二鳥。

片付いていない家 
   ↓
イライラして母の笑顔が消える
   ↓
家族の笑顔が消える

みんなが一緒にいて気持ちの良いお家を目指して!
     


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

Haluの反乱 母の成長 [子育て]



1週間ほど前まで数ヶ月間、年中になった頃からかな。

Haluがすご~く荒れていました。

Haluは良い子に見られがちなので、人に言ってもなかなか信じてもらえなかったり、
その暴れっぷりに私たち親子が毎日疲労困憊していることを理解してもらえませんが。

とにかく、全てが 嫌。 私が言う全てに反対。

蹴る、殴る、物に当たる、罵倒する、ずっとイライラしてる。

4歳じゃなければ、家庭暴力です。
将来の思春期を想像したりして、ため息。

一番の思いは、「私の何がいけなかったのだろう?」でした。

色々な人に相談したり、愚痴を聞いてもらいました。
でも、これ!という原因はやはり今も分かりません。

ただ、神さまは4歳の子供を通して私に教えたいことがあったんですね。

この数ヶ月、それはそれは貴重な体験でした。

子供が素直で順調なのは即ち 「わたしの子育てが良いから」
とあやうく勘違いするところでした。

一番の収穫は 「無力」 だと知ったことでしょうか。
人をコントロールしようとするのは傲慢なこと。

子育てに苦悩しているお母さんたちの気持ちも
今なら共感できます。

子供が言うことを聞かない、自分の言うとおりにならないことが
こんなに自分の自信を失わせ、イライラさせて、破壊的な気持ちに
させるなんて。
自分の傲慢さや、自己中心さは子供と一緒だと
本当に思い知らされました。

本当にち~~~っぽけな人間だなぁ。

毎日PMS(生理前症候群)のような我が子に、
平静に取り合おうと頑張っていても、こちらが根負けして、爆発!
してしまうことが何回もありました。

とうとう、キッチンの前で、おいおい泣きながら祈りました。
Haluの前で。

「神さま、私は無力な母親です。Haluちゃんの心の怒りや
悲しみを取り除いてあげることが出来ません。
そうか助けてください。
わたしには、もうどうして良いか分からないのです。」

(これを書きながらも、その時の気持ちが思いだされて 涙です。)

すると、目の前で怒りまくっていたHaluが、今まで見たことのない、
聞いたことのない声で泣き出しました。

それは、悲しみや怒りとか、そういう感じではなくて、
溜まっていたものを出すような、開放されていくような泣き方でした。

Haluも、自分の中に渦巻く負の感情をどう収めたらよいのか分からずに、
ずっと苦しんでいたのだと思います。

お互いを抱きしめながらおいおいとしばらく泣いていました。

その後は、私が、「お腹空いたからご飯つくっちゃおう」と言うと、
Haluは、はにかんだ笑顔で、「Halu、お手伝いする」と。

その後も感情の浮き沈みがありましたが、ある月曜日、突然変化が。
表情も穏やかになって、笑顔が戻りました。

あ~、平穏な日々が愛しい♪ 家族の笑顔は本当に大切です。

これからも、こういう波が次々とやってくるんだろうなぁと覚悟が
できて、良かったです。

何よりも、『子供の言動・成績 = 自分の評価』
という枠で自分を見ないようにしようと思います。


久しぶりの更新。

次は さて いつになるでしょう。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。