So-net無料ブログ作成
検索選択

不自由は自由 <しつけについて> 2. [躾け]

IMG_5847.jpg

前回のしつけについての日記の続きです。

聖書の言葉に励まされて、子供の言動を通して自分を見つめる機会が与えられました。

『柔らかな応答は憤りを静め、傷つける言葉は怒りをあおる』 箴言15:1
A gentle answer will calm a person's anger. But an unkind answer will cause more anger. 

お付き合いをしているファミリーに、アメリカ人の女性がいますが彼女は4人のお子さんのお母さんです。
先日躾けについて話しを聞く機会がありました。とっても温かくて大らかな感じの方です。

日本人の子育てについて聞いてみたところ、公園などでお母さんに対して暴言を吐く子供を
よく見かけることがあって驚くそうです。

子供は親に敬意をはらう(Respect)ことは当然。
親に対して生意気な口をきくことはありえないし、自分も自分の親に対して
暴言を吐くことは赦されなかったというのです。

また、お母さんの叱り方にも疑問を持つことがあり、
「ほら、みんな見ているよ。そんなことをして恥ずかしいでしょ?」というような促し方、
これはManipulation(マニピュレーション:操作、ごまかし)だと思う、と。

そこで、失礼ながら「お子さんは、お母さん(Sさん)を尊敬していますか?」と聞いてみると、
即答で「Yes」と答えられました。
実際にお子さんたちと話してみると、お母さんをとても愛していて尊敬しているのが分かります。

何人かの知人(アメリカ人)に薦められて、「shepherding your child's heart」
(あなたの子供の心を牧する)という本を読み始めています。
やはり、ここにも、親の権威の大切さが書かれています。

実は、これは以前からの課題でした。

というのも、親の権威に従わせることは大切だと知りつつも、子供の自立心や、
決断力を育てることを阻むのではないか?という疑問があったからです。

それから、自分への挑戦です。 ”優しいお母さん”でいたいし、見られたい。
そんな思いもあると思います。 他のお母さんたちはみんな優しく見えるし~。
私は自分に相当甘いので、厳しくするのはあまり得意ではありません。

そんな葛藤や疑問を抱えつつも、目に余るHaluの態度を改めるために
Totanと話し合って以下のことをトライすることにしました。

  • 小言を言わない。
  • 駄目なことは駄目、と妥協しない。
  • 親に対して不遜な態度をとることは赦さない。
  • 目に余るようならしゃもじDEスパンク
  • 態度を改め、あやまったら完全に赦し、抱きしめる。(そのあとでぶり返さない)
  • 親が決めたことには従わせる。子供に選択権を与えることはあっても、基本的には親が決める。
(今までも、まったくしていなかったわけではないのですが(言い訳~)、いつの間にか子供のペースに
巻き込まれていたり、「これくらい、いいか」という許容範囲が広がっていました。
それから、「幼稚園で疲れているのかも」など、Haluの気持ちや体調を考慮しすぎて、
親の権威を行使していませんでした。

その結果、Haluに「自分の要求は通るもの」と思わせていたのかも知れません。
そのたびに私は「もう!」「やんなっちゃうなぁ!」など、小言が増えていたと思います。

しゃもじでスパンク、というのは実際、ものすごく抵抗感がありました。
でも、以前「お母さん(お父さん)の手は抱きしめるもの」という理由でしゃもじなどの道具を使うと聞いたことがあって、
ためすことにしました。

すると、手だとかなり強く叩かないと駄目なのですが、しゃもじ効果はすごい!
たいした力を入れなくても、それほど痛くないと思いますが、音がピシャ~ンと大きいので効果テキメン。

101102_1303~0001.jpg図書館で借りた絵本たち

101102_1304~0001.jpg101102_1322~0001.jpg
図書館前と帰り道の田園風景


まずは、結果発表です。 このやり方を2、3日続けてすぐに表れたのは・・・
  • 文句を言わなくなった。
  • グズグズとずっと駄々をこね続ける時間が激減した
  • 叩かれた後、最初2回ほどは、ギロリと睨んだけれど、それ以降は自分が悪いことが分かるのか、反省して素直に誤るようになった。(以前はふざけたあやまり方をすることも多かった)
  • 叱って、態度を改め、赦す というコースの後は、それ前よりずっとハッピーになり、すっきりした気持ちなっているように見える。関係が悪化することは無く、むしろ良好になった。
  • 態度が悪くても1,2度注意するだけでやめるようになった。
  • 二人の会話が明るくなって、笑いや笑顔が倍増した。
私自身にも変化がありました。
  • 叱る時に小言や文句が減り、感情的に叱ることがあまりなくなった。
  • 叱る時に迷いが少なくなった。
もちろん、まだまだ、ダダをこねたり、従わなかったり、わがままを言ったりすることもあります。
3歳ですからね。

長くなったので、また次回に続きます。








nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

不自由は自由 <しつけについて> 1. [躾け]

IMG_1712.jpg
実は、9月から幼稚園が始まってからHaluの態度の悪さに悪戦苦闘しています。

とくにここ数週間は、彼の文句や要求、反抗との戦いで毎日ぐったり。

素直で打てば響くタイプの子で躾けについてもわりと悩むことがなくきたので、
この変化に正直どう対応したものか!と夫婦ともに話し合いが夜な夜な続き寝不足気味。

先生によると、1学期は素直でお友達にも手出すことも一切なかったけれど、
2学期に入り自己主張もけんかもするようになったようです。

壁にぶつかっているから、これを乗り越えたら成長しますよ、と言われました。

家での暴走は幼稚園のストレスからか?と少し原因が見えたように感じ、
様子を見ることにしました。


ところが、文句と要求、反抗はエスカレートするばかり。


受容と厳しさのバランスが分からず、いろんな人と話したり、本を読んだみたり。

子育てには正解はない = それぞれの価値観でするもの

そうやって考えると、揺るがない確信が無い私は、叱るたび、受容するたび、これでいいのか?と
迷いがありました。

Totanはすごく優しい人ですが、Haluには厳しさが必要と考えています。
でも、私は・・・

疲れているんじゃないか?
ストレスが溜まっているのか?
ここで押さえ込むと余計にストレスが溜まるのでは?
言葉で理解できる年齢になったのだから口で言って納得させよう、
と、なるべくスパンク(おしりを叩くこと)をしたくないとTotanにもお願いしていました。
(2歳まではスパンクはよくしていました)

しか~し、Haluとの毎日の会話はこんな風です。

「ご飯だよ。片付けて。」 
「やだ。もっと遊ぶ!」
「じゃぁ、ご飯なくていいのね。Haluは夕飯なしだね」
「やだ!食べる!でも遊ぶの!あっち行って。お母さんなんて嫌い!」
(これがずっと続いて、私を蹴ってきたり、つねろうとしたり)

こんな感じが朝から夜まで。何を言っても要求と反抗、抵抗。
好きなことをさせても、結局は怒る。
おやつの時間におやつを出せば文句を言う。
食べ終わると「違うのが欲しかった!」  ムカ~!!! 「じゃぁ、食べなくていい!」と私も怒る(汗)

絵本を3冊読むね、といえば、4冊。4冊読むと、5冊がいい。もっとたくさんが良かった(泣)

は~~~っ!

躾けに関しては、甘すぎも厳しすぎることもなく、と思っていたのですが
今振り返ってみると、いかにHaluの要求をなだめる為に通していたか。

先週、とうとう担任の先生に「ガマンができず、ちょっと我がまま」と言われてしまいました。

がーん!  

Haluをどうしたら良いか、というより、私自身の言動の何が良くないのか?と問わずにはいられません。

IMG_1731.jpg

Totanと話し合う中で、結局のところ、私たちが見習うべき(従う)ところは「聖書」だね。
と結論づけました。

人や本の意見や見解を聞きつつも、最終的に私たちが一番信頼できる
指針をくれるのはバイブルなんだ、とようやく気が付きました。

先生と話してから家に帰って聖書を開くと、次の聖句が心に留まりました。

『柔らかな応答は憤りを静め、傷つける言葉は怒りをあおる』 箴言15:1
A gentle answer will calm a person's anger. But an unkind answer will cause more anger. 

この聖句をはがきサイズの紙に書き写して、見えるところに貼りました(トイレね)

そうすると、自分の言動に隠されたものが見えてきます。




・・・と、書きたいことがいっぱいで長くなりそうなので、この続きはまた改めて。


タグ:躾け
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。